DSpace
 

Osaka Prefecture University Repository >
A.Osaka Prefecuture University:(2005-) >
0500.Graduate School of Humanities and social Sciences >
Studies in humanities and social sciences >
2 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10466/9665

Title: A Postcolonial Reading of Henry James's The Turn of the Screw (1898)
Other Titles: ポストコロニアル批評から見たヘンリー・ジェームズ『ねじの回転』
Authors: Masui, Kazuhiro
Author's alias: 増井, 一弘
Issue Date: 31-Mar-2007
Publisher: 大阪府立大学大学院人間社会学研究科
Citation: 人間社会学研究集録. 2006, 2, p.159-176
Abstract: 私は本論文において、ヘンリー・ジェームズの著書『ねじの回転』におけるイギリス19世紀末の階級社会の表象と19世紀末のイギリス帝国と植民地インドの関係について着目し、ポストコロニアル批評の立場から考察をおこなった。私は主に以下の2点を主張した。まずひとつは、この著書における、ヘンリー・ジェームズの訂正-「子供たちの親」から「主人の親」-は、世代さかのぼることにより、古くより行われていたイギリス帝国によるインドの植民地支配を強調していること、そして第二点に、『ねじの回転』における登場人物の相互関係が当時の階級社会を反映していることは明白であるが、私はさらにそれらの関係が、イギリス帝国と印度の植民地のメタファー関係として理解できること、である。そして最後の結論においては、ジェームズの19世紀末における友人への手紙から、彼のイギリス帝国に対する気持ちの表れと考えられる文章を引用し、私の結論を補強した。
URI: http://hdl.handle.net/10466/9665
Appears in Collections:2

Files in This Item:

File Description SizeFormat
2010000251.pdf171.12 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.