DSpace
 

Osaka Prefecture University Repository >
大阪府立大学 : (2005-) (旧)大阪府立大学、大阪府立看護大学、大阪女子大学が統合 >
0600.看護学部・看護学研究科 >
大阪府立大学看護学部紀要 >
第12巻 第1号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10466/3256

タイトル: 認知症高齢者をケアする看護師の感情
その他のタイトル: Emotions of Nurses Caring for the Elderly with Dementia
著者: 松田, 千登勢
長畑, 多代
上野, 昌江
郷良, 淳子
著者名の別形: MATSUDA, Chitose
NAGAHATA, Tayo
UENO, Masae
GORA, Junko
キーワード: 認知症高齢者
看護師の感情
サポート
The elderly with dementia
Nurse's emotion
Support
発行日: 2006年3月1日
出版者: 大阪府立大学看護学部
引用: 大阪府立大学看護学部紀要. 2006, 12(1), p.85-91
抄録: 本研究の目的は認知症高齢者をケアする上で,看護師がどのような感情を抱きながら関わっているのかを明らかにし,サポートの視点を見出すことである。介護老人保健施設,老人認知症専門病棟,特別養護老人ホームで重度の認知症高齢者をケアする看護師9名を対象に,研究の同意を得た上で,半構成質問紙を用いた面接調査を行った。その結果看護師の感情として,1)「なんでそんなことするの」という怒り,2)認知症高齢者の言動への困惑,3)言動に対する対応への困惑,4)身体症状の判断への自信のなさ,5)自分のケアを評価できない不安,6)自分の思うケアができないジレンマ,7)責任の重さへの不安,8)ケアへの達成感のなさの8つが明らかになった。
The aim of this paper is to report the results of a qualitative study which explored the emotions experienced by nurses caring for the elderly with dementia with a view to providing proper support for such nurses. Data were collected using semi-structured interviews from nine nurses working in Health Service Facilities for Elderly, Dementia Units and Nursing Homes. The nurses' emotions caring for the elderly with dementia were as follows: 1) Anger toward the patients' behaviors, 2) Being at a loss how to cope with the behavior of the dementia patients, 3) Being puzzled over ways to deal with the behavior of the patients, 4) Lack of confidence in judging the symptoms of the patients, 5) Inability to evaluate their own care, 6) Dilemma about providing proper care, 7) Worries about too much responsibility, 8) Lack of sense of achievment.
URI: http://hdl.handle.net/10466/3256
出現コレクション:第12巻 第1号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004371359.pdf720.78 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください