DSpace
 

Osaka Prefecture University Repository >
(旧)大阪府立大学 : (1955-2004) >
0200.農学部・農学生命科学研究科 >
Bulletin of the University of Osaka Prefecture. Ser. B, Agriculture and life sciences >
Vol.48 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10466/2797

タイトル: Pectinolytic and Cellulolytic Abilities of Acquired Resistant Isolate of Pythium vanterpoolii against Metalaxyl
著者: ICHITANI, Takio
ABDELZAHER, Hani Mohamed Awad
WATANABE, Satomi
発行日: 1996年3月31日
出版者: University of Osaka Prefecture
引用: Bulletin of the University of Osaka Prefecture. Ser. B, Agriculture and life sciences. 1996, 48, p.13-17
抄録: Optimum incubation temperature and pH for pectinolytic and cellulolytic enzyme production were similar between acquired resistant and its parent field sensitive isolates. PG production of the latter isolate was, however, slightly higher than that of the former.
URI: http://hdl.handle.net/10466/2797
出現コレクション:Vol.48

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004350455.pdf285.91 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。