DSpace
 

Osaka Prefecture University Repository >
大阪女子大学 : (1949-2004) >
0100.学芸学部 >
女子大文学. 英語学英米文学篇 >
第6号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10466/2564

タイトル: 英語とフランス語における<コピュラ+不定詞>構文 : タイプの異なるパラレルコーパスを用いた検証(最終記念号)
その他のタイトル: A Further Analysis of the Be to and Etre a Constructions Using Parallel Fiction Texts
著者: 内田, 充美
柳, 朋宏
著者名の別形: UCHIDA, Mitsumi
YANAGI, Tomohiro
発行日: 2005年3月31日
出版者: 大阪女子大学人文学科英語英米文学専攻
引用: 女子大文学. 英語学英米文学篇. 2005, 6, p.37-58
抄録: This article reports on an empirical investigation of the 'copula and infinitive' constructions in English and French. The focus of the study is on an asymmetric relation between the English be to + passive construction and the French etre a construction. Based on the result obtained in Uchida and Yanagi (2004), the two constructions are compared using English-French parallel data consisting of texts of fiction: the English and French parts of The Oslo Multilingual Corpus. The validity of the observations made by examining the Hansard Corpus is also established in this totally different kind of text: the etre a construction is not used as frequently as the English be to + passive construction, which reflects the intrinsic preferences demonstrated by the two languages.
URI: http://hdl.handle.net/10466/2564
出現コレクション:第6号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004168983.pdf934.44 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください