DSpace
 

Osaka Prefecture University Repository >
A.Osaka Prefecuture University:(2005-) >
0400.School of Economics/Graduate School of Economics >
The journal of economic studies >
24(2) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10466/2119

Title: 組織均衡理論とX効率性理論の接合 (松村善太郎教授記念号)
Other Titles: The Articulation of Organizational Equilibrium and the Theory of Efficiency
Authors: 市橋, 英世
Author's alias: Ichihashi, Hideyo
Issue Date: 27-Jan-1979
Publisher: 大阪府立大学経済学部
Citation: 大阪府立大學經濟研究. 1979, 24(2), p.116-130
Abstract: 小稿は,ハーベイ・ライベンシュタイン(Harvey Leibenstein)のx効率性理論(the theory of x-efficiency)とハーバート・A・サイモン(Herbert A. Simon)組織均衡理論(the theory of organizational equilibrium)の接合を試みたものである。ライベンシュタイン自身は,彼のアプローチが,サイモンとその後継者によって発展させられたカーネギー学派の企業理論(the "Carnegie School" theories of the firm)とは,満足化行動(the satisficing behavior)の仮定で類似しているが,原価最小化と有利な技術革新に焦点をおいている点で彼等のアプローチと異なっているという。けれども,両理論には共通の点もあるので,以下において,その接合を試みるとともに,その差異を明らかにしようとするのが本稿の趣旨である。
URI: http://hdl.handle.net/10466/2119
Appears in Collections:24(2)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000331629.pdf580.83 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.