DSpace
 

Osaka Prefecture University Repository. >
大阪府立大学工業高等専門学校 (旧)大阪府立工業高等専門学校 >
研究紀要 >
第51巻 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10466/15824

タイトル: 文学教育に創作文執筆を取り入れる試み、どのように「オチ」は小説を劇的にするのか? : ギ・ド・モーパッサン「首飾り」('La Parure', 1884)をめぐる学生との議論を通じて
その他のタイトル: How Novel Endings Make Stories More Dramatic : A Discussion on Guy de Maupassant's 'La Parure' with Students
著者: 吉田, 大輔
著者名の別形: Yoshida, Daisuke
キーワード: 文学教育
創作文
「オチ」
ギ・ド・モーパッサン
「首飾り」
発行日: 2018年2月28日
出版者: 大阪府立大学工業高等専門学校
引用: 大阪府立大学工業高等専門学校 研究紀要. 51, p.37-50
URI: http://hdl.handle.net/10466/15824
ISSN: 2186-2826
出現コレクション:第51巻

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2018000046.pdf1.89 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください