DSpace
 

Osaka Prefecture University Repository >
大阪府立大学 : (2005-) (旧)大阪府立大学、大阪府立看護大学、大阪女子大学が統合 >
0200.生命環境科学部・生命環境科学研究科 >
学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10466/15560

タイトル: Ketoconazole-induced estrogen deficiency causes transient decrease in placental blood flow associated with hypoxia and later placental weight gain in rats
著者: Ichikawa, Aoi
Tamada, Hiromichi
著者名の別形: 玉田, 尋通
キーワード: Ketoconazole
Placenta
Estradiol-17β
Blood flow
Rat
発行日: 2016年8月
出版者: Elsevier
著作権等: © 2016. This manuscript version is made available under the CC-BY-NC-ND 4.0 license http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/
引用: Reproductive Toxicology. 2016, 63, p.62-69
URI: http://hdl.handle.net/10466/15560
DOI: 10.1016/j.reprotox.2016.05.011
ISSN: 0890-6238
出現コレクション:学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2017000197.pdf472.52 kBAdobe PDF見る/開く
Figures.pdf1.16 MBAdobe PDF見る/開く
Tables.pdf75.75 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください