DSpace
 

Osaka Prefecture University Repository >
大阪府立大学 : (2005-) (旧)大阪府立大学、大阪府立看護大学、大阪女子大学が統合 >
0510.心理臨床センター >
大阪府立大学大学院人間社会学研究科心理臨床センター紀要 >
第10号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10466/15356

タイトル: 「機械仕掛けなるもの」についての臨床心理学的研究(2) : 押井守のアニメ作品における「機械仕掛けなるもの」の変遷
その他のタイトル: A study of "The Mechanical Self" in clinical psychology (2) : An analysis on the transition of "The Mechanical Self" in Mamoru Oshii's animated films
著者: 木村, 長永
著者名の別形: Kimura, Choei
発行日: 2017年3月20日
出版者: 大阪府立大学大学院人間社会学研究科心理臨床センター
引用: 大阪府立大学大学院人間社会システム科学研究科心理臨床センター紀要. 10, p.47-56
URI: http://hdl.handle.net/10466/15356
出現コレクション:第10号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2017000072.pdf1.32 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください