DSpace
 

Osaka Prefecture University Repository >
大阪府立大学 : (2005-) (旧)大阪府立大学、大阪府立看護大学、大阪女子大学が統合 >
0500.人間社会学部・人間社会学研究科 >
人文学論集 >
第35集 別冊 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10466/15332

タイトル: 国際人権の「原罪」に迫る : 書評 阿部浩己『国際法の暴力を超えて』(岩波書店、2010年)
その他のタイトル: Book Review: Kohki ABE, Kokusaihou no Bouryoku wo Koete(Iwanami Shoten, 2010) : Disclosing "the Original Sin" Included in the International Legal System of Human Rights
著者: 南茂, 由利子
著者名の別形: Nammo, Yuriko
発行日: 2017年3月31日
出版者: 大阪府立大学人文学会
引用: 人文学論集. 2017, 35 (別冊), p.65-69
URI: http://hdl.handle.net/10466/15332
ISSN: 0289-6192
出現コレクション:第35集 別冊

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2017000048.pdf685.47 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください