DSpace
 

Osaka Prefecture University Repository >
大阪府立大学 : (2005-) (旧)大阪府立大学、大阪府立看護大学、大阪女子大学が統合 >
0600.看護学部・看護学研究科 >
大阪府立大学看護学雑誌 >
第22巻 第1号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10466/14849

タイトル: ユニット型特別養護老人ホームの看取りにおける介護職との看護連携実践尺度原案の内容妥当性・表面妥当性の検討
その他のタイトル: Study of content and face validity of the Collaboration Practice Scale for Nurses with Care-Workers in End-of-Life Care Providing Nursing Homes with Small-Scale Care Units
著者: 山内, 加絵
長畑, 多代
松田, 千登勢
著者名の別形: Yamauchi, Kae
Nagahata, Tayo
Matsuda, Chitose
キーワード: ユニット型特別養護老人ホーム
看取り
看護職
介護職
連携実践尺度
nursing home with small-scale care units
end-of-life care
nursing staff
care-worker
collaboration practice scale
発行日: 2016年3月25日
出版者: 大阪府立大学看護学類
引用: 大阪府立大学看護学雑誌. 2016, 22 (1), p.55-62
URI: http://hdl.handle.net/10466/14849
ISSN: 2423-9046
出現コレクション:第22巻 第1号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2016000007.pdf1.34 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。