DSpace
 

Osaka Prefecture University Repository >
大阪府立大学 : (2005-) (旧)大阪府立大学、大阪府立看護大学、大阪女子大学が統合 >
0400.経済学部・経済学研究科 >
大阪府立大學經濟研究 >
第40巻 第1号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10466/1365

タイトル: <論説>女性が働き続けることのできる職場環境 : 育児休業制度と労働時間制度の役割
その他のタイトル: <Article>The effect of parental leave and work schedule on women's retention after pregnancy
著者: 冨田, 安信
著者名の別形: Tomita, Yasunobu
発行日: 1994年12月27日
出版者: 大阪府立大学経済学部
引用: 大阪府立大學經濟研究. 1994, 40(1), p.43-56
URI: http://hdl.handle.net/10466/1365
出現コレクション:第40巻 第1号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000091136.pdf809.85 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください