DSpace
 

Osaka Prefecture University Repository >
A.Osaka Prefecuture University:(2005-) >
0400.School of Economics/Graduate School of Economics >
The journal of economic studies >
37 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10466/1307

Title: <論説>価格決定とマーケット・シェアー : マーケティング・ディシジョンの研究(1)
Other Titles: <Article>Price Decisions and Market Share : A study of Marketing Decisions (1)
Authors: 市橋, 英世
Author's alias: Ichihashi, Hideyo
Issue Date: 30-Aug-1965
Publisher: 大阪府立大学経済学部
Citation: 大阪府立大學經濟研究. 1965, 37, p.100-92
Abstract: 競争関係にある2つの企業の競争製品yとrの複占(duopoly)の市場において,両企業の販売促進努力が,現在の状態で固定されている場合,yの価格を下げると,yのマーケット・シェアー(market share)は増大するが,単位当り限界利益(価格-単位当り変動費)は減少する。逆に価格を上げると,マーケット・シェアーは減少するが,単位当り限界利益は増加する。いま,rの価格が固定されている場合,および,その変更が予想せられる場合において,yの価格をいかに決定すれば,その利益が最大になるかを明らかにしようとするのが本稿の趣旨である。
URI: http://hdl.handle.net/10466/1307
Appears in Collections:37

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000091124.pdf284.47 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.