DSpace
 

Osaka Prefecture University Repository >
大阪府立大学 : (2005-) (旧)大阪府立大学、大阪府立看護大学、大阪女子大学が統合 >
0500.人間社会学部・人間社会学研究科 >
社會問題研究 >
第62巻 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10466/12786

タイトル: 社会福祉実践におけるエビデンスとエビデンス構築の過程 : 理論から実践へ
その他のタイトル: Evidence and development process of evidence in social work practice: Theory to practice
著者: 山口, 創生
米倉, 裕希子
岩本, 華子
高原, 優美子
三野, 善央
著者名の別形: Sosei, Yamguchi
Yukiko, Yonekura
Hanako, lwamoto
Yumiko, Takahara
Yoshio, Mino
キーワード: エビデンス
介入
研究方法
根拠に基づく実践 (EBP)
サービス利用者の参加
Evidence
evidence-based practice
intervention
participation of users
study methods
発行日: 2013年2月27日
出版者: 大阪府立大学人間社会学部社会福祉学科
引用: 社会問題研究. 2013, 62
URI: http://hdl.handle.net/10466/12786
出現コレクション:第62巻

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2012000203.pdf7.1 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。