DSpace
 

Osaka Prefecture University Repository >
大阪府立大学 : (2005-) (旧)大阪府立大学、大阪府立看護大学、大阪女子大学が統合 >
0700.総合リハビリテーション学部・総合リハビリテーション学研究科 >
Journal of rehabilitation and health sciences >
Vol.6 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10466/11116

タイトル: 2型糖尿病患者に対する嫌気性代謝閾値を指標とした運動療法教育後の運動継続状況
その他のタイトル: The Situation of Exercise Continuation After the Therapeutic Exercise Education with the Being Anaerobic Threshold in Type 2 Diabetes Patients
著者: 浅田, 史成
野村, 卓生
鈴木, 沙織
藤本, 愛美
北口, 拓也
田上, 光男
大島, 富雄
平林, 伸治
野村, 誠
久保田, 昌詞
大橋, 誠
伊藤, 健一
著者名の別形: Asada, Fuminari
Nomura, Takuo
Suzuki, Saori
Fujimoto, Tsunemi
Kitaguchi, Takuya
Tagami, Mitsuo
Oshima, Tomio
Hirabayashi, Shinji
Nomura, Makoto
Kubota, Masashi
Ohashi, Makoto
Ito, Kenichi
キーワード: 糖尿病
運動療法
教育
運動継続
嫌気性代謝閾値
発行日: 2008年12月26日
出版者: 大阪府立大学総合リハビリテーション学部
引用: Journal of rehabilitation and health sciences. 2008, 6, p.41-44
URI: http://hdl.handle.net/10466/11116
出現コレクション:Vol.6

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2010000192.pdf280.23 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。